スポンサーリンク

音声別カッターについて

最終更新日:2020/05/21
cjc001.jpg
音声別カッターは、個別の音声に特化したMP3ファイル分割用ソフトウェアです。
対象となるMP3ファイルの分割と大まかなフォルダ分けを自動で行い、出力します。

音声別カッター一覧:
https://cutandjoin.com/category/cjc-custom/
DL数ランキング 2019年12月~2020年3月①-③:
https://cutandjoin.com/other/1597/
https://cutandjoin.com/other/1599/
https://cutandjoin.com/other/1601/


[対応デバイス]
・Windows7以降
・最新版の.NET Framework
をインストールしたPC
[対応ファイル]
・MP3ファイル(*.mp3)


[使用方法]
1.ZIPファイルを解凍し、EXEファイルを起動してください。
2.対象のMP3ファイルをウインドウ内にドロップしてください。
CDをリッピングしたMP3ファイルはディスクごと、ダウンロード音声・CDROM収録のMP3ファイルは任意のファイルの分割を実行します。
3.ドロップされたファイルの分割とフォルダ分けを自動で行って出力します。
分割終了後は画面下部のアドレスをクリックして出力フォルダを開くことができます。


[詳細設定]
詳細設定画面(メニュー > 設定 > 詳細設定)で分割や出力についての設定を変更することができます。
・出力ファイルの種類
MP3+テキスト:MP3ファイルと分割状況を記録したテキストファイルを出力します。
MP3:MP3ファイルを出力します。
テキスト:分割状況を記録したテキストファイルを出力します。
・出力ファイル名
既定:あらかじめ各カッターごとに設定済みのファイル名で出力します。
連番(トラック):ファイル名を「CD番号-トラック番号-連番」として出力します。
連番(全て):ファイル名を「カッター名-連番」として出力します。
連番(トラック)+既定:連番(トラック)のファイル名とデフォルトのファイル名をつなげて出力します。
連番(全て)+既定:連番(全て)のファイル名とデフォルトのファイル名をつなげて出力します。
・出力場所
既定:分割元ファイルの存在するディレクトリを出力場所に指定します。
指定:選択された任意のディレクトリを出力場所に指定します。
・出力フォルダ
毎回作成:実行のたび出力場所に新しいフォルダを作成します。
初回のみ作成:初回の実行時のみ出力場所にフォルダを作成します。
・サブフォルダ
作成しない:分割した全てのMP3ファイルを同じフォルダに出力します。
作成する:あらかじめ各カッターごとに設定済みのサブフォルダにファイルを振り分けて出力します。

・ファイルの長さの確認
確認しない:実行時に分割元ファイルの長さを確認しません。
確認する:実行時に分割元ファイルの長さを確認します。
・分割位置の移動
デフォルトの分割位置をフレーム単位で前後に移動します。(10フレームで約0.3秒の移動)

・CUEファイル
なし:CUEファイルを出力しません。
全て:分割した全てのMP3ファイルの情報を記録したCUEファイルを作成します。
個別:分割した各MP3ファイルごとにCUEファイルを作成します。
・CJCファイル
なし:CJCファイルを出力しません。
全て:分割した全てのMP3ファイルの情報を記録したCJCファイルを作成します。
個別:分割した各MP3ファイルごとにCJCファイルを作成します。
・CJMファイル
なし:CJMファイルを出力しません。
全て:分割した全てのMP3ファイルの情報を記録したCJMファイルを作成します。
個別:分割した各MP3ファイルごとにCJMファイルを作成します。
・文字コード
SJIS:Shift_JISでテキストを作成します。
UTF-8:BOMなしUTF-8でテキストを作成します。


[GitHubについて]
カッターごとにGitHubのリポジトリを作成し、出力ファイル名を「連番(全て)」として分割した場合のCUEファイル(Shift_JIS)、CJCファイル(UTF-8)、CJMファイル(UTF-8)を公開しています。
https://github.com/cutandjoin?tab=repositories
各カッターのダウンロードページ下部に各リポジトリへのリンクを掲載しています。


[再結合用のCJJファイルについて]
いくつかのページでは、分割したファイルを再結合するためのテキストファイル(CJJファイル)を音声別カッターと併せて公開しています。
CJJはMP3ファイル分割結合用ソフトCJMP3で使用が可能なファイル形式です。
以下の手順で分割ファイルを再結合することができます。

1.音声別カッターの詳細設定画面(メニュー > 設定 > 詳細設定)からファイル名を「連番(全て)」に変更し、対象となる全てのMP3ファイルを分割してください。
2.GitHubのリポジトリからZIPファイルをダウンロードしてください。(緑のボタン”Clone or download”クリック → “Download ZIP”)
3.ZIPファイルを解凍し、CJMP3にCJJファイルをドロップしてください。
4.MP3ファイルの取り込み画面が開いたら、分割した全てのMP3ファイルをウインドウ内にドロップしてください。
5.ファイルが取り込まれたら、スタートボタンを押してください。
6.CJJファイルと同じフォルダ内に新しくフォルダが作成され、結合したファイルが出力されます。


[音声別カッターを誰でも作成してブログやSNSで公開できます]
CJC・CJJ・CJMファイルを作成し、様々なMP3ファイルの分割や結合の手順を指定してテキスト形式で公開・配布をすることができます。
それぞれのファイルの仕様や記述方法などについては、以下のページやCJ CutterCJ JoinerCJMP3のマニュアルをご覧ください。

テキストを使用したMP3ファイルの分割と結合①
テキストを使用したMP3ファイルの分割と結合②
テキストを使用したMP3ファイルの分割と結合③

“音声別カッターについて”へのコメント(3)

  1. 管理人様
    こんにちは。単語アプリの「Anki」を調べておりまして、とある方が「教材の音声をAnkiに取り込む際にお世話になっているサイト」としてこちらを紹介されておりました。大変便利なソフトをありがとうございます。早速「どんどん瞬間英作文」で使わせていただきました。ありがとうございました。

    2点要望があります。
    1.瞬間英作文シリーズの「おかわりどんどん」「おかわりすらすら」用の音声別カッターがあればと思いました。多分ですが、人気が高いのは最初のどんどん、続編のスラスラだと思うのですが、学習を継続して2冊目、3冊目と瞬間英作文をされている方々には、おかわりシリーズのほうが需要が高いのではないかと思います。先の2冊の「不自然すぎる英文」から自然な英文になっているものが多いからです。ネットのサイトを見ましても、「おかわりシリーズから瞬間英作文は初めたほうが良い」とおすすめしていらっしゃる方も複数いらっしゃいます。もし需要があるようでしたら、お願いできればと思います。

    2.もし可能でしたら、カットした音源の名前に「ひらがなや漢字などの日本語」と「英語の大文字」が含まれていないと助かるなと思いました。これは私の環境だけなのかもしれないのですが、Ankiに音声を取り込む際に、「ひらがな、漢字、英語の大文字」が含まれていると、なぜか音声として認識されませんでした。リネームソフトで今回は名前を変更したのですが、もし可能でしたら上記のような状態ですと、最初からAnkiに取り込みやすいかなぁ、と思った次第です。

    ※10年近く前にDUOの音源を手動で分割してAnkiに取り込んだことがあります。まる2日か、3日かかったような気がしますが、便利な時代になりました。管理人様のような方のおかげです。10年前にあったらなぁ。。と、なんだかその当時を思い出してしまいました。

    瞬間英作文が終わりましたら、またこちらのサイトで次の教材のお世話になると思います。よろしくお願いいたします。

  2. keiさん
    コメントありがとうございます。
    分割ファイルの名前ですが、プレーヤーなどでそのまま再生する場合には日本語名のほうがおそらく分かりやすいと思うので、デフォルトでは日本語を入れて
    詳細設定メニューからファイル名を”連番”に変えると英数字で出力できるようにしてあります。
    最初にカッターでファイルの分割だけ行ってもらって、その後リネームやタグはそれぞれ高機能なソフトがありますのでそちらでファイルを利用しやすい形に直してもらいたいと考えております。
    よろしくお願いします。
    「おかわり」シリーズは来月か再来月に作って公開できればと思います。
    CJMP3でも簡単なリネームやMP3ファイル汎用の分割結合などができますのでよろしければ使ってみてください。

  3. 管理人様
    コメントに気づかず返答が遅れました。
    >プレーヤーなどでそのまま再生する場合には日本語名のほうがおそらく分かりやすい

    なるほど。管理人様のおっしゃるとおりですね。日本語の方が確かにわかりやすいと思います。管理人様のお気遣いに気づかず、勝手なことを申してしまい大変申し訳ございませんでした。また、こちらの機能「詳細設定メニューからファイル名を”連番”に変えると英数字で出力できる」に気づいておりませんでした。次回からぜひ使わせていただきたいと思います。

    >「おかわり」シリーズは来月か再来月に作って公開できればと思います。
    ありがとうございます。ちょうど今日、先に利用させていただきました「どんどん瞬間英作文」のAnkiで一段落がついたところで、次はおかわりシリーズを使わせていただければと思います。ありがとうございました。

コメントを残す

スポンサーリンク